2.バナナを追いかけるネコ ロジック&解説

 プログラムの実行結果

バナナがランダムで画面上に表示され、ネコがそれを追いかけるプログラムです。

 

 プログラム(ネコ)

このアプリケーションはネコとバナナのそれぞれにスクリプト(プログラム)が設定されています。

script_cat

①このプログラムは緑色の旗がクリックされた時に起動します。

起動後、猫がバナナを追いかけるロジックが繰り返し実行されます。

②ネコの画像をコスチューム1に設定します。
cat1-a③ネコの向きをバナナの方向に向けて1歩進めます。

これを10回続けます。

 

cat1-b

④歩いているように見せるために、もう一つのコスチューム2に表示を変えます。

⑤この表示にて③同様にバナナに向けて1歩進める事を10回繰り返します。

 プログラム(バナナ)

script_banana

 

 

 

 

 

①バナナも同様に緑の旗がクリックされた時点で起動されます。

②バナナの位置をランダムに表示させます。

 画面の横軸の位置(x座標)は-200から200まで、縦軸の位置(y座標)は-150~150の間で表示します。

③ランダムで表示した後、繰り返しに入ります。

④ネコがバナナにタッチするまではバナナを動かす必要は無く、バナナがネコに触れた時点で、②と同様にランダムに再表示します。

 

※キッズプログラミング講座では上記内容を子供にもわかりやすい表現に変えて教えます。